HOME>オススメ情報>担当者や会社との相性などが満足度に直結している

調べるよりも聞くこと

間取り図

一般の人にとって、土地や建物の売買には高額となるお金が動くことになるので、できるならば評判の良い不動産会社を選びたいものです。購入や建てる、売却するにしても、不動産会社の規模もさることながら、できる営業マンを選ぶことが大事になります。こうした営業マンはマナーやルールなどの一般教養も身についています。初めての不動産会社との関わりとなるならば、相性を知るために話してみましょう。不動産の知識がないから分からないこともあるでしょうが、わざわざ調べてくる必要はありません。その疑問に応えるために営業マンがいるのですが、できる営業マンならば、即答できない場合には『調べてから連絡致します』という曖昧さがありません。ですから、分からないことを聞くことは最低限のルールですし、できる営業マンの評判があるなら、躊躇なく伝えられるはずです。

どこからの情報なのか

男女

不動産会社の評判を誰から、どこから収集したのかによって、評判通りではない可能性も否めないことに気をつけましょう。実際に利用した知人などからならば、雰囲気やサービスまで知っているでしょうが、口コミサイトなどの顔の見えないところからの情報はデマの可能性が否定できません。ちなみに、相談した不動産会社の担当者を変更することはできますが、会社の方針による営業マンの仕事ぶりですから、仲介不動産であれば、不動産会社を変更することが望ましいでしょう。仲介ならば変更したところで、欲しい不動産にはたどり着くことができます。

金銭面で損をさせない

家とお金

不動産会社の評判の良し悪しは、どこで判断すべきでしょうか。それは一般の人にとっては知識不足を補えることや、損をしないことでしょう。気をつけたいのは、何も聞かずに提案してくる、契約を迫る不動産会社です。例えば、何も聞かずに金融機関を提案してくるならば、住宅ローンについて配慮できていないかもしれません。評判が良いのならば知識もあり、ライフスタイルやライフステージを考慮して提案してくれます。不動産は決して安くはありませんから、会社の利益より相談者の負担を軽減する提案をしてくれる、そうした選び方が重要です。促されるままにならないように、金銭面での提案には慎重になりましょう。

広告募集中